看護

アラファーで社会人から看護学生になった人の悩みを語る!

社会人から看護学生になると、久々の学生生活で学校での人間関係に、戸惑う事多いですよね。色々な悩みやストレスあると思います。
そこで今回は、アラフォーで看護学生になった時に僕が苦労した事とその対処法をお話したいと思います。

年代の違いがあり過ぎる!

看護学校に入学してみると、もちろん自分自身もそうですが様々な年齢の方々がいます。

僕はアラフォーで学生になりましたが、逆に20代で学生になった社会人学生であれば、両親と同じような年代の方と学ぶ事になるのです!
実際に僕は、同級生の父親が僕と同じや歳下という方がいました...
世代が違えば育った時代や時間が違うのですから、何を話したらいいかわからないし生活の仕方そのものが違うので理解に苦しむ事も多いです。

たとえば若い世代の子達は、朝まで遊んだりして学校に来たりしますし流行りの音楽や遊びも違いますよね。

そうなると自然に同年代やなるべく歳の差が少ない人と、話したり行動するようになってきます。
それが悪い事ではありませんし、自分自身のストレスを溜めないためにも自然な自己防衛です。

ただここで注意が必要なのは、年齢差のある集団と孤立してしまう場合があります。
数日・数週間ならいいですが、年単位で一緒に学んでいくのにこれは結果的にマイナスになってしまいます。

対処法 「距離感と年齢の長所」

そこで、「適度な距離感と自分の年齢の長所を活かす」という事で僕は対処しました。若い世代に強引に仲良くしようとしても正直難しいです。若い方が親に近い歳の世代と仲良くなろうと無理に頑張るのも疲れますよね。(コミュニケーションが得意な人は大丈夫です)

自分が知ってる話題などには参加したり、しっかり挨拶して皆に同じ様に接する様にするだけでも違います。

そして無理に若ぶったり大人ぶる必要はありません。だって見た目も違う、生きてきた時間も年代も違うのですよ。

「歳が上なら寛容さを!歳が下なら素直さを!」

僕は自分が若い頃を思い出して、若い頃ははしゃいでいたなぁと思うと歳下の人達のはしゃぐ姿もわかります。賑やかなのも若い証拠!と思えました。

逆に若い頃の僕は、大人ぶりたくて知ったかぶりをしたり、素直にわからない事を聞く事が出来なかったりしたことが良くなかったなと思います。

他にも自分の年齢の長所って沢山あると思います。うまく長所を活かして適度な距離のコミュニュケーションをする!が、僕の年齢差に対する対処でした!

ゴールは同じだが…社会人からのジレンマ

看護学生のゴールは、卒業して看護師免許を取る!

という事ですよね。でも、そのゴールまでのプロセスは人それぞれなのです。

学校を単位数ギリギリで出席する人(僕..)、テストは赤点じゃなきゃいい人(僕..)、

結果、免許取れたらいいと思ってる人(僕..)と、真面目に頑張ってる人から見たらイラつくタイプもいる...

まして社会人からだと、家庭があったり子供がいたりと制限があります。

たとえば家庭の事情で学校を休まないといけないとか、子供が寝てからしか勉強の時間が取れないとかありますよね。

社会人を経験していると率先して動いたり発言したり、仕切るのが上手なので同級生から偉そうと疎まれたり、妬まれたりしちゃうのが看護学校…

あと、アラファーだと先生が歳下ということもあり、先生に好かれるか嫌われるかでもだいぶ違ってくる…

どうですか?思い当たる事がありませんか?

対処法 「自分と他人を分ける」

では、僕はどうしたか!

「全てに深入りしないで目立たない様にする」という対処でした。笑

これはあくまで僕の対処法ですので。笑

今の僕が対処方法を考えるなら、他人と自分をしっかり分けて考えると思います。

人にはそれぞれ性格・価値観・信念や生き様などがあって、違って当たり前です。

社会人経験があり、アラフォーなら若い世代との違いは理解出来ますよね。

でも時に連帯責任という理不尽な責任を負わされる事もあるし、グループワークや実習に入ればグループ毎に判断されたりもします。

そこで、年齢も違う、社会人の経験があるなし、性格や価値観が違う人とどれだけ話をしてもわかりあえないし、ますます関係が悪化する場合もあります。

ならば、そういう人なのだ。と、自分とは完全に分けて考えて、そういう人と問題を広げない様にするにはどうすれば良いかだけを考えます。

相手の価値観に合わせる必要も無いし、自分の価値観を相手に押し付けるのも良く無い。

学生の間だけ、グループワークの間だけ、実習の間だけ関わればいいのです。

そもそもゴールは看護師免許取得ですので、余計な事で時間を使いたくないし、疲れたくもないですよね。最終目的は決まっているのですから、学生のうちは芯がぶれる事は無いと思います。最小限のストレスで乗り切るにつきますよね。

まだまだありますが!

今回は、2点に絞ってアラファー社会人からの看護学生の悩みの対処を僕なりに解説してみました。
アラファー社会人からの看護学生あるあるは、まだまだ多くあると思いますが、この2点が一番多い悩みかなぁと思って選んでみました。
もちろん自分なりの対処方がある方もいるだろうし、信念対立解明アプローチとかちょっと難しい方法や心理学を駆使した対処もあると思いますが、小難しい言葉や論理を語っても共感できないし、なんじゃそれ?ですよね。

「そうそうあるある!」「そんな考え方もあるか」くらいに思ってもらえたら嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
何かあれば、【お問い合わせ】にてご質問ください!

社会人から看護学生になるルートは、いくつかありますので、看護師になるにはも読んでもらえたら嬉しいです。