雑記

放送大学になぜ入ったか!

50歳も見えてきている私がなぜ放送大学に入学したか!
学位を取りたい気持ちもありましたが、看護と心理の勉強を深めたい!
そんな考えだったのです!

学位を取りたい!

私は、准看護学校を卒業してから正看護学校に入学し卒業しました。
しかし、看護大学が増え今後は大学卒の看護師が増えてくる。
そう考えた時、大学の講義で学ぶ看護学は一体どのような内容なのか?
専門学校との違いは何かを知りたい。
そして、負けたくない!(勝ち負けでは無いのですけどね。笑)
そう考えたのです。
ならば、大学の授業はどのようなものか知ろう!でも、お金も無いし通学なんてできない。

という事で、通信制の大学へ行こう!という結論になったのです。
学位を取る事で大学院の進学も視野に入ります(大卒じゃなくても大丈夫な院もあります)
要約すると、もっと学びを深めたかった!という事ですね。
で、現状かなり頭を悩ませる結果になっています。笑

心理学を学びたい!

実は、こちらはおまけのような感じでした。笑
放送大学に行こうと決めて、いざ資料を取り寄せて見ましたが内容がいまいちわからない。
ならば直接聞きに行こうと、放送大学まで聞きに行きました。
そこで、私は専門学校での単位がある事で3年次編入という形ができる。
しかし、卒業するには64単位を取らなければ行けない。
でも、全て看護学の単位で無くても良いという事がわかったのです。
看護学位の為の単位の他に、心理学もあるという事でならば認定心理士を取れる単位も取ろう!と考えたのでした。
薄いですよねぇ。笑
しかし、心理学は元々好きだったのもあり放送大学の職員の方と相談して心理学の単位も取る方向にしたのです。
が、公認心理師の国家資格に合格できたという奇跡がおきて、ちょっと認定心理士資格へのモチベーションが下がったのは正直あります。
しかし、心理学を一からしっかり学ぶ事ができるというのはプラスになると思う事で、またやる気が復活しました。

一学期2科目を終えて

前期には、お金の都合もあり2科目のみ受講しました。看護と心理の1科目づつです。
看護の単位の方は、専門学校の授業内容より深い教科書になっていました。
そして、とにかく言い回しが難しい!もっとわかりやすく説明してくれないかな?と、
何度教科書に突っ込んだ事かわかりません。
そして1科目毎に中間課題の提出があります。これは問題をといて採点してもらい60点以上が合格という物です。郵送とオンラインでの添削方法があります。
教科書を見ながら、問題を解く事ができるのでそんなに難しくは無いのですが、教科書を読み込んでいないとどこに解答があるかわからない!
また、解答なのか?というような曖昧な表現の文章だったりする時がありますので、少し大変ですが、概ね問題無く通ります。だって時間は自由だし教科書見て解答していいのですからね。笑
専門学校時代の復習の要素も多くあるので、特に問題は無かったです。

しかし、心理学・・・僕は必修の物をまず選んだのですが、心理学研究方・・
実は研究苦手なのですよ。泣
そして、看護と違い知らない言葉のオンパレード・・知らない言葉をネットや本で調べては読むという繰り返しと、苦手な研究法という事でこれは苦労しました。
しかし、同時期に公認心理師の勉強も初めていたので両方に役に立った形になりましたね。

期末の単位認定試験も教科書持ち込み可でしたので、単位は取る事ができました。
思っていたほど超絶難しいという事は無かったです。教科書を読み込んで置いて付箋を貼って置くと探し易かったですね。

これから放送大学を考えいる方!

通信制大学のメリットは、

・好きな時間に勉強できる
・一般の大学に比べ安価で学べる
・テストに教科書を持ち込める科目が多い
・受ける科目数を選べる

デメリットは、

・自分で勉強時間を意識して作らないといけない
・周りに同級生がいない為、モチベーションの維持が難しい
・教科書が持ち込めると覚えようという気持ちが低下する

という「メリット・デメリット」があります。
デメリットは自分の意識次第でなんとかなりますので、私はそれほど気にしてませんね。
モチベーションの維持と覚えるという事が多少疎かになりますが…汗

放送大学のハードルは決して高くは無いと思います。
学びたいと思った時が行動する時です!

年齢も関係ありません、やる気と努力次第です!
通信制の大学に行こうか悩まれている方の参考になればうれししいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。