健康

スポーツジムって、実際どうなの?

健康の基本は、食事・睡眠・運動なのは知ってますよね。
今回は、運動についての僕の日頃の意識について話して見たいと思います。
基本的には、ジムに行くという事なのですがスポーツジムの僕なりの利点を
解説させてもらいます!

ジムは教室が多いという事

スポーツジムに行ってみるとわかるのですが、多くの方がほぼ1人で自分の都合の
いい時間にジムにきています。
個人的には、年配の女性はジムで行っている「○○教室」というのに参加される
人が多い印象ですね。

ジムには、「ヨガ」「エアロビ」「フラダンス」など様々な教室があり、そこに
参加して運動して汗を流している方がいます。
このような方々は、同じ教室という事と女性ならではのコミュニケーション力で
次第に仲良くなっていってるという感じですね。

男性の参加者もいますが、女性ほど仲良くなっている様子が見られないのが、
特徴的で面白いです。

僕も以前は、初心者のヨガに参加したりしていましたが、時間が決まっている
ので、自由な時間に行けないの面倒で参加しなくなりました。
ジムで共に頑張っている人と仲良くなりたいと思っている人は、教室に参加する
事をお勧めします。

基本ソロで筋トレをする

マシントレーニングを行っている方々は、寡黙に運動しています。
無駄に話をしたりしませんし、話かけたりもしません。
これは、コミュ障の僕には非常に都合がいいです。

ジムには、健康の為に行っていますので気を使いたくありません。
自分の中で決めたルーチンのトレーニングを行って、サクッと帰るという事が
可能なので時間の節約にもなります。

しかし、フリーウェイトの筋トレをしている方々はわりと仲良くなっているように
見えますね。バーベルなどは危険を伴う事もありますし、筋肉のバランスの良い方
と仲良くなって、良いトレーニング方法を教えてもらったりしているようです。
聞く側は良いトレーニングを知る事ができますし、教える側もアウトプットする事
で、知識の定着もできますしWinーWinな関係なのでしょう。

いずれにしろ、ストイックに筋トレをしていい汗をかいて帰る事ができます。

デメリット

デメリットとしては、費用がかかるという事ですね。
月額会費制や回数制とジムによって違いがあると思いますが、費用はかかります。

月会費と、月に何回通ったかで割ると1回の使用費用が算出できますが、ある程度の
回数を通わないと費用対効果が低いと感じてしまいます。

ここが一番重要だと思いますが、ジムに通うという事が面倒になるという事です。
自分を律する事ができる方はいいですが、仕事も忙しく家庭もあったりすると、
通う時間と行くという事が面倒になる事が多いのです。

対策としては、通勤路にあるジムを選択したり、回数制のジムに通う事である程度
損を防ぎジムを使用する事ができると思います。

僕の現状・・・

実は、週に1回くらいしかジムに行けておらず費用対効果は低いです。
お金の無駄かなぁと、何度もやめようかと思いましたが自宅で運動を日課にする
という方がハードルが高い為、お金がもったいないから行こうというモチベーションに
変えています・・・

日頃の生活でも、エスカレーターやエレベーターはなるべく使用しない。
少し早めに歩き、姿勢をよくする。
という事も気をつけています。

ジムはお金がかかりますし、時間もそこにかかります。
しかし、効率的に運動をする事ができますし運動・筋トレの効果は早く現れて
きますので、成功体験に繋がりやすいです。

自宅ではやる気が出ない、中々継続しないという方は、損をしない為にジムに
行くぞ!というモチベーションもありかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
TwitterやInstagram・Facebookもやってますので、フォローしていただけたら
嬉しいです。